ワキガ(わきが)多汗症の悩み解決へようこそ

ワキガ(わきが)多汗症の悩み解決へようこそ!

当サイトではワキガ(わきが)多汗症に関する情報を掲載しています。

ワキガ(わきが)、多汗症の記事メニューは以下のようになっています。

1.ワキガ(わきが)とは?

2.皮膚について(ワキガと皮膚と汗の関係)

3.汗について(ワキガと皮膚と汗の関係)

4.なぜワキガ(わきが)は臭うの?

5.ワキガ(わきが)になる人ならない人の違いは?

6.多汗症とは

7.多汗症の種類

8.あなたはワキガ(わきが)?30秒でわかるワキガ(わきが)体質のチェック

9.他人から臭いを指摘されたことがある(ワキガ(わきが)体質チェック解説)

10.汗をかくと洋服に黄色い汗ジミがつく(ワキガ(わきが)体質チェック解説)

11.耳アカは湿っているほうだ(ワキガ(わきが)体質チェック解説)

12.両親のどちらか、または両方がワキガ(わきが)である(ワキガ(わきが)体質チェック解説)

13.どちらかといえば毛深いほうだ(ワキガ(わきが)体質チェック解説)

14.肌は脂性である(ワキガ(わきが)体質チェック解説)

15.ストレスが多いと感じる(ワキガ(わきが)体質チェック解説)

16.野菜より、肉に目がない(ワキガ(わきが)体質チェック解説)

17.脂っこい食べ物が好きな方だ(ワキガ(わきが)体質チェック解説)

18.脱いだ靴下や靴が臭いと感じる(ワキガ(わきが)体質チェック解説)

19.汗をかくほうだ(ワキガ(わきが)体質チェック解説)

20.緊張したり興奮したりすると汗ばむ(ワキガ(わきが)体質チェック解説)

21.ワキガ体質チェックのまとめ

22.自分でできるワキガ(わきが)、多汗症の治療と予防法

23.日常生活でできるワキガ(わきが)、多汗症の予防法

1番目の記事「ワキガ(わきが)とは?」から順番にお読みいただくことをオススメします

お急ぎの方はメニューよりあなたの悩みにあった記事をお選び下さい

ですが、お時間のある時に是非最初からお読みいただくと

ワキガ(わきが)多汗症に関する理解が深まるでしょう。

当サイトがあなたの悩み解決にお役に立つことができれば幸いです。







 

Posted by wakiganonayami : 12:00 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

ワキガ(わきが)とは?

ワキガ(わきが)の定義は「ワキの下の汗が原因で生じる悪臭」です。ワキガ(わきが)は病気ではありません。体質の一つです。

いいかえればだからこそ、人に相談することもはばかられ、ひとりウジウジと悩むことになる、やっかいな症状なのです。

放置していればこの独特の臭いが原因で他人に不快感や嫌悪感を与えることになりかねません。またこの臭いを気にして対人関係に尻込みをしてしまうことも少なくないでしょう。

かつてワキガ(わきが)はフェロモンとして存在したと言われ、今でも人間以外の動物はそれを利用してコミュニケーションをとっています。

発情期に独特の臭いを発することによって異性を惹きつけ、繁殖を繰り返してきたのです。

しかし人類は進化し、臭いではなく容姿や服装などで異性を惹きつけるようになりました。

そうなればかつてはフェロモンとして重宝したであろうワキの臭いも、今では人間に不必要な嫌われ者の異臭としての価値しかありません。

ではどうしてワキガ(わきが)は臭うのでしょうか?

次にワキガ(わきが)と大きく関わっている皮膚と汗の関係について説明します。






Posted by wakiganonayami : 16:53 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

皮膚について(ワキガと皮膚と汗の関係)

皮膚は大きく分けると表皮、真皮、皮下組織の三つの層からなっています。

表皮は一番外側にあり、厚さは0.1~0.3ミリ程度の非常に薄い層です。

その下に真皮がありここには皮膚に酸素や栄養を運ぶ重要な血管が流れています。

この部分をマッサージなどをして刺激すると、毛細血管が活性化されて皮膚の老化予防になります。

真皮の厚さは1,2ミリ程度です。

この表皮と真皮の二重構造の下に分厚い皮下組織があります。これがいわゆる皮下脂肪で、
厚さは体の部分によって異なります。






Posted by wakiganonayami : 16:53 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  | All pages